印刷 2020年03月09日デイリー版2面

国内船主の今】(206):新興地銀“PILリスク”。BBC影響、新興船主にも

 「PIL(パシフィック・インターナショナル・ラインズ)の用船料遅延が長引けば、われわれとしても船を取り戻すということにならざるを得ない」 ■力技の占有権回復 シンガポール船社PILが日本船主からBBC(裸用船)契約の船舶への用船料遅延を通知したのは2月末。日本海事新聞が把握しているだけで、PILがBBC契約を結ぶコンテナ船、バルカーは5隻以上に達している。商社関係者が話す。「… 続きはログインしてください。

残り:1756文字/全文:1942文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む