船員支援キャンペーン
 印刷 2020年02月18日デイリー版3面

日通、IT加速 数百億円投資。医薬品物流・新航空基幹システム。AI・RPA活用も

 日本通運はIT戦略を加速している。年内に医薬品物流プラットフォーム(PF)、2021年度までに新国際航空貨物システムなどを稼働させ、海運フォワーディング・システムの海外展開などを完了する。また生産性の向上に向け、航空貨物の輸入通関業務にAI(人工知能)を取り入れた光学文字認識AI-OCRを展開しているほか、RPA(定型作業の自動化)の導入を推進。19-21年度の情報システム関連の投資額は数百億円… 続きはログインしてください。

残り:1155文字/全文:1349文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む