印刷 2020年02月17日デイリー版1面

スクラバー大手、日本造船に不可抗力宣言。新型肺炎で納期遅れ。4―6月竣工船、影響不可避か

 新型コロナウイルスの感染拡大により、中国に工場を持つSOX(硫黄酸化物)スクラバー(排ガス浄化装置)メーカーが納期遅延のフォースマジュール(不可抗力宣言)に踏み切り始めた。欧州の大手メーカーが中国工場の稼働停止に伴い、スクラバーの納期通りの納品が難しいとして不可抗力を宣言。複数の日本造船所、修繕ヤードが通告を受けており、新造船の建造工程とレトロフィット(既存船への搭載工事)の工期、いずれにも遅延… 続きはログインしてください。

残り:1409文字/全文:1601文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む