印刷 2020年02月14日デイリー版2面

荷動きに今後悪影響も。新型肺炎、栗林・内航総連会長が指摘

 日本内航海運組合総連合会の栗林宏吉会長=写真=は12日夕の政策委員会後の記者会見で、新型コロナウイルスで今後、内航荷動きに影響が出る可能性を示唆した。「新型コロナウイルス発生による内航荷動きへの影響は現時点ではまだ分からないが、どの程度の影響が出るか(関係者は)慎重にみている」と指摘し、「中国では(一部を除き)春節(旧正月)休みが今週から明けてきた。今後日本へどの程度の影響が出るか2月末ごろには… 続きはログインしてください。

残り:936文字/全文:1130文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む