印刷 2020年02月14日デイリー版1面

新型肺炎】日本造船所、一部が不可抗力宣言。舶用機器の調達遅れで

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、日本造船所の建造工程に及び始めた。一部の国内ヤードは延長された春節(旧正月)が明けた今週までに、中国に生産拠点を持つ舶用機器メーカーなど複数のサプライヤーから、機器の納入遅延のフォースマジュール(不可抗力宣言)を受領。これを受けて造船所側も一部、納期が間近な新造船について、建造スケジュール遅延に関するフォースマジュールを船主に通知した。舶用機器調達の遅れを受け… 続きはログインしてください。

残り:612文字/全文:808文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む