印刷 2020年02月14日デイリー版4面

語録採録】日本郵船常務経営委員・曽我貴也さん。B and BでGHG排出低減

 「既存船をLNG(液化天然ガス)燃料船に代替していき、GHG(温室効果ガス)排出削減を目指す。その取り組みを『B and B(ブリッジング・アンド・ブレンディング)』と呼んでいる」 全社で取り組むESG(環境・社会・企業統治)経営の一環として、自動車船の環境対応のスピードアップを図る。「LNG燃料は、水素など次世代燃料へ橋渡しする役目を担う。また、従来型燃料の船隊にLNG燃料船を交ぜて… 続きはログインしてください。

残り:118文字/全文:226文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む