船員支援キャンペーン
 印刷 2020年02月13日デイリー版3面

航空貨物】主要FW5社、14カ月連続マイナス。1月輸出重量23%減。春節で稼働日減

 航空貨物フォワーダー(FW)主要5社(日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクス、西日本鉄道、阪急阪神エクスプレス)の1月の日本発輸出航空混載重量は、前年同月比23%減の4万200トンと14カ月連続マイナスとなった。昨年2月にあった春節(旧正月)の大型連休が、今年は1-2月にまたがったため、1月の稼働日が減少。TC3(アジア)向けで近鉄エクス、郵船ロジが2カ月ぶりにマイナスに転じたほか、全社… 続きはログインしてください。

残り:503文字/全文:695文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む