船員支援キャンペーン
 印刷 2020年02月13日デイリー版3面

横浜市港湾局、基幹航路維持・拡大へ。20年度予算案、新本牧整備に227億円

 横浜市港湾局はこのほど発表した2020年度港湾局予算案で、埋め立て工事が本格化する横浜港新本牧埠頭の整備に227億円を盛り込んだ。国際コンテナ戦略港湾として、急速に進むコンテナ船の大型化に対応し、基幹航路の維持・拡大を図る。新本牧埠頭は、水深18メートルの大水深岸壁を有する高規格コンテナターミナル(CT)用地を国直轄で、高度な流通加工機能を備えたロジスティクス施設を集積した物流拠点用地を市… 続きはログインしてください。

残り:569文字/全文:764文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む