船員支援キャンペーン
 印刷 2020年02月12日デイリー版1面

日本製鉄設備集約、ケープ10隻分消失も。原料輸送、内航にも波及

 日本製鉄の生産能力削減が及ぼす鉄鋼原料輸送、鋼材輸送への影響が注視されている。同社は7日、生産設備構造対策を発表。既に休止を決定している八幡製鉄所(小倉)の高炉1基に加えて、呉製鉄所(広島県)の高炉2基、和歌山製鉄所の高炉1基を休止する方針を固めた。これらの高炉の稼働が止まれば、同社の国内生産能力は約1割(約500万トン)低下。ケープサイズバルカーによる原料輸送の需要が単純計算で年間約10隻分消… 続きはログインしてください。

残り:1614文字/全文:1808文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む