印刷 2020年02月10日デイリー版2面

国内船主の今】(202):ヤマニシ破綻、地銀に激震。海外オペの用船料遅滞

 2月3日、愛媛県今治市内。駅構内の喫茶店で中手船主が静かに語る。「今はまだ用船料の未払いはない。しかし、いつ用船料の減額通知が来てもおかしくない状況だ」(今治船主) ■3つの共通点 ドライ船の用船料は全船型で1日当たり3000-5000ドル。船員費用さえ賄えない暴落市況では、もはや船の運航を停止した方が良い状況である。日本船主が心配するのは自身のことではない。自身の船を貸し出… 続きはログインしてください。

残り:1644文字/全文:1832文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む