印刷 2020年02月05日デイリー版1面

新型コロナ肺炎でバルク遅延。近海・ハンディ、中国寄港船の検疫強化。一部トレード解約も

 中国で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響がドライバルク貨物などの海上荷動きに波及し始めた。近海貨物船オペレーターは、中国積みのプロジェクト貨物がそろわず出荷の大幅遅延や輸送キャンセルの懸念に直面。ハンディサイズバルカーの中国向け原料輸送では揚げ荷役の港湾作業員不足で一部トレードが解約された模様だ。シンガポールや豪州では中国寄港船の検疫強化も始まっており、このまま感染拡大が続けば、海運市場… 続きはログインしてください。

残り:1418文字/全文:1618文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む