印刷 2020年02月03日デイリー版2面

国内船主の今】(201):船主の営業攻勢に疑問。バンカー高騰、運賃に反映せず

 1月28日午後、東京駅にほど近いホテルの喫茶ルームで船主が冷静に話す。「こんなことやっていて日本の船主業に未来はあるのだろうか」(大手船主) ■レートありき 大手船主の語る「こんなこと」とはどういうことか。本人が補足する。「邦船オペレーター(運航船社)の新造案件が少ない苦しさは理解できる。だからと言って鉄鋼原料船や石炭船の定期用船商談はもはや商談とは言えない。大半の船主… 続きはログインしてください。

残り:1661文字/全文:1844文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む