印刷 2020年01月29日デイリー版1面

名古屋港、コンテナ4年ぶり減。19年、個数は歴代2位

 【中部】名古屋港管理組合統計センターは28日、名古屋港の2019年(1-12月)の外貿コンテナ取扱個数(概数)を発表した。飛島・鍋田の両コンテナ埠頭(1-12月)に、コンテナターミナル以外での荷役(1-11月)を加えた合計は、前年比2%減の264万8643TEUで4年ぶりに前の年を下回った。第1四半期はプラスを維持したが、米中貿易摩擦の余波による日中間の荷動き鈍化なども反映し、第2四半期以降マイ… 続きはログインしてください。

残り:539文字/全文:731文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む