印刷 2020年01月29日デイリー版4面

JAL、ドローン物流検証。兵庫・養父市と連携協定

 日本航空(JAL)と兵庫県養父(やぶ)市(広瀬栄市長)は24日、ドローンを活用した地域課題解決を目指す連携協定を締結し、テラドローン(本社・東京都渋谷区、徳重徹社長)の技術協力の下、養父市でドローンによる物流サービスの実証実験を開始すると発表した。実証実験は2020年春を予定。医薬品などの緊急物資の輸送を検証する。JALが安全文化の醸成、旅客機運航の知見を生かした運航管理のノウハウを提供。… 続きはログインしてください。

残り:297文字/全文:486文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む