印刷 2020年01月27日デイリー版1面

東京港、全CT荷役、テナー化へ。品川の高規格化計画。五輪後見据え混雑解消

 東京都は、東京港のコンテナターミナル(CT)のヤード内荷役方式を全域、トランスファークレーン(テナー/RTG)化する方針を固めた。中央防波堤外側地区での新CT供用に伴って再編整備の対象となっている青海公共CTに加え、青海公共と同様にストラドルキャリア方式で残る品川CTもRTG化する。これによりターミナルの処理能力を大幅に底上げする。新CT増設と既存CTの再編・高規格化を通じ、悩みの種だった交通混… 続きはログインしてください。

残り:1511文字/全文:1707文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む