印刷 2020年01月20日デイリー版1面

インタビュー 令和のニッポン造船】(1):神田造船所社長・神田慎一郎氏。近海船など今年度4隻受注

 平成から令和に時代が変わり、造船業界も国内外で再編の動きが活発化している。転換期を迎えている造船業界は厳しい状況下で、どう生き残るか。日本を支える国内中堅造船首脳に聞く。■修繕高評価 --神田造船所の概要は。「新造船事業では、3万重量トンクラスのハンディサイズバルカー(木材兼用船、オープンハッチ船)、近海船(一般貨物船)など外航船のほか、国内向けのフェリーやRORO船など艤装密度が… 続きはログインしてください。

残り:1914文字/全文:2103文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む