船員支援キャンペーン
 印刷 2020年01月20日デイリー版2面

国内船主の今】(199):ニッポン・ブランド活用。新興オペに遅延リスク

 1月中旬、愛媛県今治市内。新造ハンディマックスの竣工を来年に控える今治船主が心配そうな顔で話す。■カーゴ・ブローカー 「われわれが定期用船契約を結ぶアジア系オペレーター(運航船社)は、ちゃんと用船契約を守ってくれるのだろうか」(中手船主) 欧州、アジアを問わず、ここ数年伸長してきた新興オペには一つの特徴がある。それは自己資金の必要のない定期用船で船舶を調達し、自社で獲得したカーゴ契… 続きはログインしてください。

残り:1597文字/全文:1786文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む