印刷 2020年01月16日デイリー版1面

鶴見サンマリン、大型外航船に燃料供給。ミルクラン検討

 近海・内航タンカー大手の鶴見サンマリンが大型外航船向け燃料のミルクラン(巡回供給)に向けた準備を進めている。従来、VLCC(大型原油タンカー)やコンテナ船はシンガポールなど海外での補油が主流だったが、1月の船舶SOX(硫黄酸化物)規制開始に伴い、日本での大ロット補油が増えているため。鶴見サンマリンは昨年12月14日、喜入港(鹿児島県)で石油元売り最大手JXTGエネルギーのオーダーにより、J… 続きはログインしてください。

残り:320文字/全文:509文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む