船員支援キャンペーン
 印刷 2020年01月16日デイリー版2面

三井E&S、音響測定艦、30年ぶり建造。命名「あき」、玉野工場で進水

 三井E&S造船は15日、玉野艦船工場(岡山県玉野市)で海上自衛隊向け2017年度計画音響測定艦(29AOS)の命名・進水式を開いた。同艦は、呉地方総監の酒井良海将が「あき」と命名した。海中にひそむ潜水艦の音響情報を収集する音響測定艦の新造は約30年ぶり。引き続き艤装工事を行い、21年3月に竣工する予定。今回進水した「あき」は、双胴型のSWATH船型を採用した「ひびき」型音響測定艦の3番艦に… 続きはログインしてください。

残り:641文字/全文:834文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む