印刷 2020年01月15日デイリー版1面

北米コンテナ運賃、東岸上昇・西岸下落

 アジア発北米向けコンテナ運賃が、西岸向けと東岸向けで対照的な値動きとなっている。上海航運交易所(SSE)がまとめた1月10日付の上海発コンテナ運賃は、前週に比べて東岸向けが80ドルほど値上がりする一方、西岸向けは100ドル弱の値下がりとなった。来週からの旧正月休み前の駆け込み需要は終盤だが、北米東岸向けの運賃は先高観が強いようだ。1月10日付の北米東岸向け運賃は40フィートコンテナ当たり2… 続きはログインしてください。

残り:266文字/全文:461文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む