印刷 2020年01月15日デイリー版3面

大阪港運協会、夢洲地区の物流、官労民で知恵を。賀詞交で溝江会長

 【関西】大阪港運協会は14日、大阪市内で新年賀詞交歓会を開いた。あいさつした溝江輝美会長=写真=は大阪港の主要ターミナルがある人工島の夢洲地区で2025年に関西・大阪万博が開かれることなどについて「港湾物流への影響が懸念される」と言及。今年開かれる東京五輪での取り組みを参考とし「官労民で知恵を出し合っていきたい」と述べた。溝江会長は昨年12月、「大阪港夢洲地区の物流に関する懇談会」が立ち上… 続きはログインしてください。

残り:453文字/全文:650文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む