印刷 2020年01月15日デイリー版2面

日舶工、芝浦工大で初、舶用工業説明会

 日本舶用工業会はこのほど、芝浦工業大学豊洲キャンパス(東京都江東区)で、工学部材料工学科の3年生約100人を対象に、「舶用工業説明会」を初めて開いた。工学部材料科学・化学群材料工学科の野田和彦教授の協力の下で実施した。冒頭の野田教授からの趣旨説明後、日舶工事務局の神谷和也業務部長が「世界の海上物流を支え成長を続ける日本の舶用工業」と題して講演。このほか、かもめプロペラ、日立ニコトランスミッ… 続きはログインしてください。

残り:121文字/全文:238文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む