印刷 2020年01月09日デイリー版2面

内海造船、クレーン3基 因島工場に新設

 内海造船は昨年末の取締役会で、因島工場(広島県尾道市)に吊り能力を向上した船台クレーン3基を新設することを決めた。投資総額は約20億円。生産性向上とコスト競争力の強化を目的に、既存クレーンとリプレースする。1基目は2021年2月に稼働する計画で、2基目、3基目も順次稼働予定。1基目の設置工事は20年6月の着手を予定している。既存の120トン吊り2基、80トン吊り1基を代替する。新設するクレ… 続きはログインしてください。

残り:195文字/全文:385文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む