船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2019年12月13日デイリー版2面

米のベネズエラ制裁、アフラ市況への影響軽微。カリブ海-米ガルフ3.9万ドル

 3日に米トランプ政権がベネズエラ産石油の輸送に従事したアフラマックスタンカー4隻など計6隻を制裁対象に指定したことで、海運市況上昇の可能性も浮上したが、現時点でその影響は見られていないようだ。足元の10万重量トン型アフラマックス市況は、カリブ海-米ガルフ航路で日建て約3万9000ドル。制裁前の水準から約2000ドル上昇した。海運関係者は「平時と変わらない上昇幅であり、制裁の影響は軽微」と語る。… 続きはログインしてください。

残り:320文字/全文:519文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む