船員支援キャンペーン第2弾
 印刷 2019年12月10日デイリー版2面

GHG分析、ポセイドン原則に貢献。バルチック海運取引所、「アジアで会員増を」

 英バルチック海運取引所のアジア部門を統括するスー・リン・ルー氏は日本海事新聞の取材に応じ、「アジアで会員数を伸ばし、その声を積極的にサービスに反映したい」と意気込みを語った。さらに、ルー氏は開発中の海運GHG(温室効果ガス)データ分析サービスについて「金融機関に信頼性の高いデータを提供し、海運向け気候変動ファイナンス『ポセイドン原則』に情報面から貢献できる」と意義を強調した。バルチックは今… 続きはログインしてください。

残り:1445文字/全文:1640文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む