印刷 2019年12月03日デイリー版3面

大阪港夢洲地区物流懇、搬出入予約制に前向き。初会合、CTゲート混雑解消へ

 【関西】2025年の大阪・関西万博開催を控え、大阪港夢洲地区の物流対策を議論する「大阪港夢洲地区の物流に関する懇談会」(事務局=国土交通省近畿地方整備局、近畿運輸局、大阪市港湾局)の第1回会合が2日、同港湾局であった。万博や現在誘致を進めているIR(統合型リゾート)の会場建設工事を踏まえ、港湾物流との共存に向け情報共有を図るのが狙い。会合ではゲート前の渋滞対策で、搬出入の事前予約制の導入について… 続きはログインしてください。

残り:851文字/全文:1047文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む