印刷 2019年12月03日デイリー版1面

SITC、仙台航路就航1年。高砂埠頭で記念式典

 仙台国際貿易港整備利用促進協議会は2日、中国船社SITCコンテナラインズの仙台-中国航路就航1周年を記念し、仙台塩釜港・高砂埠頭2号岸壁で記念式典を開催した。同日は「仙台」の名を冠した「SITC SENDAI」(1011TEU型)が同港に初入港した。式典には、荷主、現地代理店の三陸運輸、宮城県など行政関係者が参列。宮城県土木部の笹出陽康理事が歓迎のあいさつに立ち、「上海、太倉など中国の港と… 続きはログインしてください。

残り:488文字/全文:683文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む