印刷 2019年12月03日デイリー版1面

商船三井・池田社長、「不確実な風を推進力に」。メディア懇親会で

 商船三井は11月29日夕、毎年恒例のメディア懇親会を開催した。冒頭、池田潤一郎社長は「地政学的リスク、貿易摩擦など不確定要素がある中、経営の舵取りも不確実な風が吹く。だが、次世代型帆船建造計画『ウィンドチャレンジャー』のように、どこから風が吹いてもそれを前へ進む推進力としたい」とあいさつした。池田社長は今年1年を振り返り、「求める理想には遠いが、上期は通期経常利益500億円に向けて確固たる… 続きはログインしてください。

残り:338文字/全文:535文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む