印刷 2019年11月29日デイリー版4面

米ポーラーエアカーゴ、ラッピングトラック運行。中部空港就航祝う

 米貨物航空会社ポーラーエアカーゴは22日、中部国際空港で日本就航をPRするラッピングトラックを公開した。平野ロジスティクス(本社・神戸市、田中英治社長)が保有する10トントラック1台を運用し、東名阪エリアの空港間を運行する。ラッピングには、ポーラーエアカーゴのロゴマークがデザインされた。ポーラーエアカーゴはアトラスエアの親会社であるアトラスエア・ワールドワイド・ホールディングス(AAWW)… 続きはログインしてください。

残り:190文字/全文:375文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む