印刷 2019年11月29日デイリー版1面

川崎汽船、LNG燃料自動車船を発注。今治造船で建造。星港で燃料供給船も管理

 川崎汽船は28日、低環境負荷エネルギーのLNG(液化天然ガス)を燃料とする7020台積み自動車船1隻を今治造船で建造すると発表した。同日付でシンガポールのフュエルエヌジーからLNG燃料供給船の船舶管理業務を受注したことも明らかにした。LNG燃料は、従来型燃料の重油に比べてCO2(二酸化炭素)排出量を25-30%抑制できる高い環境性能が特長。川崎汽船はLNGの取り扱いなどに関する知見を生かして、G… 続きはログインしてください。

残り:893文字/全文:1089文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む