印刷 2019年11月28日デイリー版1面

水平線】「港町」を広げよう

 今月15日、北九州港が開港130周年を迎え、構成港の門司港が「みなとオアシス」に登録された。その週末の2日間、門司港地区で催された各種の記念イベントには家族連れなど多くの市民が参加。「さすが港と共に歩んできた町」と思わせるにぎわいぶりだった。▼全国に数ある港町は、より親しまれる港を目指し、市民参加型のイベントに力を入れている。こうした催しでは物流面での役割なども紹介。その重要性を知るきっかけ… 続きはログインしてください。

残り:168文字/全文:335文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む