印刷 2019年11月22日デイリー版3面

日通、海外事業、売上高微増。19年上期、欧・東アジア大幅増益

 日本通運の2019年上半期(1-6月)の海外会社の業績は、売上高が前年同期比微増の2067億円、営業利益が4%増の62億円だった。倉庫配送業務、海運事業が堅調だったほか、昨年3月に買収した伊トラコンフの収入の上積みも寄与した。航空は物量減だが、仕入れ単価下落、混載効率向上などで利益面が大きく改善。営業利益は欧州が7割増、東アジアが3割半ばのプラスだった。20日、東京本社で吉田純一海外事業本… 続きはログインしてください。

残り:1191文字/全文:1386文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む