印刷 2019年11月18日デイリー版1面

IMO2020 SOx規制】富士石油、適合油の生産、重質原油を維持。「経済的生産が可能」

 富士石油は15日発表した2019年4-9月期決算で、IMO(国際海事機関)のSOX(硫黄酸化物)規制への対応状況を明らかにした。原油の油種構成に変化はなく、「従来通り重質化を志向」しながら「フレキシブルで経済性ある適合油の生産が可能」としている。富士石油は10月から規制適合油の生産・出荷を開始。低硫黄C重油を主な基材としたブレンド品を供給している。同社は袖ケ浦製油所(千葉県)で19年… 続きはログインしてください。

残り:155文字/全文:304文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む