印刷 2019年11月18日デイリー版3面

横浜港新本牧埠頭、埋め立て免許取得。横浜市・関東地整、年明けにも現地着工

 横浜市と国土交通省の関東地方整備局は15日、横浜港新本牧埠頭の埋め立て整備に関し、公有水面埋立法に基づく埋め立て免許取得・埋め立て承認がなされたと発表した。埋め立て面積が88ヘクタールと、当面、国内で最大級の港湾整備プロジェクトとなる新本牧埠頭埋め立ては、来年1月にも現地工事(地盤改良)がスタートする予定だ。新本牧埠頭は、本牧埠頭D突堤から逆L字状に埋め立て造成される新施設。2014年に港… 続きはログインしてください。

残り:694文字/全文:889文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む