印刷 2019年11月18日デイリー版2面

オルデンドルフ、バングラへ石炭輸送。年最大450万トン、BCPCLと契約

 ドイツの不定期船大手オルデンドルフ・キャリアーズはこのほど、BCPCL(バングラデシュ-チャイナ・パワー・カンパニー)との間で5年間の石炭輸送契約を締結したと発表した。輸送量は年間約380万-450万トン。積み地はインドネシアや豪州でBCPCLの2基の発電所が所在するパイラ港(バングラデシュ)へ電力炭を運ぶ。同契約では、アンダマン・ニコバル諸島(インド)での積み替え輸送も含まれている。同島… 続きはログインしてください。

残り:209文字/全文:400文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む