印刷 2019年11月13日デイリー版3面

4―9月期】タカセ、経常益27%減。国内物流減少

 ◇タカセ 経常利益は前年同期比27%減の9900万円。国内物流業務取り扱い減少に加え、新規業務開始に伴う費用発生で売上高が8%減の37億円、営業利益が31%減の9000万円だった。純利益は34%減の7000万円。セグメント別では、総合物流事業が8%減収、営業総利益が1%増の5億3000万円。国内物流、輸出が減少したが、海外連結子会社4社が堅調に利益を積み上げた。運送事業は16%減収、営業総… 続きはログインしてください。

残り:140文字/全文:278文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む