印刷 2019年11月13日デイリー版3面

4―9月期】近鉄エクスプレス、経常益37%減。海上・航空とも減少

 ◇近鉄エクスプレス 経常利益は前年同期比37%減の65億円。航空、海上貨物共に取扱量が減少し、ロジスティクスについてもAPLロジスティクス(APLL)と東アジアでの取り扱いが減少。持ち分法による投資損失も響いた。売上高は7%減の2715億円、営業利益は1%減の87億円。純利益は56%減の22億円だった。セグメント別では、日本は4%減収、営業利益23%減の18億円。米州は6%減収、営業利益5… 続きはログインしてください。

残り:231文字/全文:426文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む