印刷 2019年11月13日デイリー版3面

4―9月期】兵機海運、経常益7%減。内航取り扱い減響く

 ◇兵機海運 経常利益は前年同期比7%減の2億6400万円。内航では荒天により運航効率が悪化して取扱輸送量が減ったほか、外航もフィリピンへの新規航路参入に伴うコストが先行した。売上高は0・6%減の71億円、営業利益は11%減の2億2600万円、純利益は6%減の1億8200万円。事業別では、内航が1%減収、営業利益は16%減の1億1500万円。燃料単価値下がりがあったが、取扱輸送量や委託貨物船… 続きはログインしてください。

残り:229文字/全文:426文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む