印刷 2019年11月12日デイリー版4面

東京通関業会・女性分科会、トランプ関税回避へ。米弁護士が手法解説、日米貿易協定も紹介

 東京通関業会の通関士部会女性分科会は6日、東京都内で「米国の貿易環境の理解・トランプ関税の概要と関税引き下げの戦略」をテーマに講演会を開いた。米国のタカ・カナザワ通関士の協力で、米ロール&ハリス法律事務所のマイケル・ロール弁護士が米国の対中追加関税の概要とその高関税を合法的に削減する手法、中国原産に関する評価方法と原産地規則を解説。10月に署名された日米貿易協定で予想される米国の税関手続きについ… 続きはログインしてください。

残り:891文字/全文:1091文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む