印刷 2019年11月12日デイリー版3面

バルセロナ港、都内でセミナー。取り扱い能力1000万個に。アジアから欧州の玄関口

 スペインのバルセロナ港湾局は11日、東京都内でセミナーを開き、バルセロナ港の概要や日本-スペイン間の貿易概況などを紹介した。同港では進行中のプロジェクトが完了すれば、貨物取り扱い能力は1億3000万トン、コンテナ取り扱い能力は1000万個に達する見通し。港湾局のメルセ・コネサ総裁らは中・南欧、北アフリカを含め地中海沿岸をカバーする立地、鉄道網などへの接続を強調し、「アジアから欧州への玄関口として… 続きはログインしてください。

残り:774文字/全文:974文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む