印刷 2019年11月12日デイリー版1面

三井E&S、国内商船、撤退へ。経営悪化、中国建造に集中。造船事業、提携を模索

 経営が悪化している三井E&Sホールディングス(HD)は、国内での商船建造から事実上撤退する方針だ。今後、商船建造は、8月に本格稼働した中国の合弁会社が担う見込み。岡良一社長は11日、東京都内で開催した2019年4-9月期決算会見で、「艦船などを手掛ける玉野艦船工場(岡山県玉野市)では新造を継続するが、商船は国内ではかなり厳しい」と商船建造を中国に集中する可能性を示した。さらに、造船事業自体も他社… 続きはログインしてください。

残り:1110文字/全文:1306文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む