印刷 2019年11月11日デイリー版4面

航空貨物】関西空港、保冷梱包サービス開始。医薬品航空輸送で

 関西国際空港を運営する関西エアポートは1日から、医薬品の航空輸送としてバキュテックの保冷ボックス「va-Q-one43(バキュワン43)」による保冷梱包サービスを開始した。関西エアポートグループで空港ハンドリングを担うCKTSが導入。同サービスを利用して貨物を梱包することで、倉庫内だけでなく、輸送時の温度維持時間を最大限伸ばすことが可能となり、医薬品輸送の品質向上につながる。バキュワン43… 続きはログインしてください。

残り:216文字/全文:411文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む