印刷 2019年11月11日デイリー版2面

商船三井、名古屋港で初の実験。LNGバンカリング、事業化視野

 商船三井は8日、東邦ガスと共に、名古屋港で初のLNG(液化天然ガス)バンカリング(燃料供給)の実証実験を実施した。2020年からSOX(硫黄酸化物)規制が強化される中、LNG燃料船は同規制に対する有効な手段として注目されており、GHG(温室効果ガス)排出規制への対策としても期待される。商船三井は、将来的にはLNGバンカリング事業も視野に入れる。名古屋ガーデン埠頭2号岸壁に係留された商船三井… 続きはログインしてください。

残り:510文字/全文:699文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む