印刷 2019年11月11日別版特集2面

海とエネルギー特集】次世代船舶燃料、いま、水素が熱い。日本海事クラスターの挑戦。本格運用へ研究・開発進む

 「水素エネルギーは、GHG(温室効果ガス)削減の最適解だ」 海上技術安全研究所研究所の平田宏一環境・動力系系長はそう強調する。水素は利用時に温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)を排出しない夢のエネルギーとして、世界各国で本格的な活用に向けた研究・開発が進められている。日本政府も水素社会の実現を目指し、2017年に「水素基本戦略」を策定。液化水素運搬船の開発も含めた日豪間の液化水素サプ… 続きはログインしてください。

残り:1977文字/全文:2168文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む