新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年11月08日デイリー版4面

12月運賃政策】日比同盟、PCS引き下げ

 日本-フィリピン同盟(JPFC)は、マニラ港の混雑を理由とした在来船向けのポート・コンゼッション・サーチャージ(PCS)について、12月の課徴額をレベニュートン当たり2・5ドルにすることを決めた。11月の課徴額3ドルからの引き下げとなる。港湾混雑に伴う追加費用をレベニュートン当たり2・49ドルと試算している。… 続きはログインしてください。

残り:79文字/全文:156文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む