新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年11月08日デイリー版2面

WinGD、ガス焚き機関X-DF、9月末で275台受注

 スイスの2ストローク低速舶用ディーゼル機関のライセンサー、ウィンターツール・ガス・アンド・ディーゼル(WinGD)は7日、東京都内で「WinGD技術セミナー」を開いた。同社が開発したLNG(液化天然ガス)を主燃料とする2元燃料(デュアル・フューエル、DF)ディーゼルエンジン「X-DF」に関して、ライセンシーによる受注台数が9月末時点で累計275台まで拡大したことを関係者が紹介した。X-DF… 続きはログインしてください。

残り:490文字/全文:681文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む