新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年11月08日デイリー版2面

韓進重工、多目的大型防除船を受注。油の海洋流出に対応

 韓国の韓進重工業は6日、韓国海洋環境管理公団(KOEM)から油回収器を搭載する5000総トン級の多目的大型防除船を受注したと発表した。契約額は約700億ウォンで、建造場所は影島造船所。2022年5月の竣工を予定する。同社が受注した大型防除船は全長102メートル、幅20・6メートル。竣工後は韓国初の浚渫兼油回収船として、通常は航路や泊地の浚渫作業などに従事しつつ、海洋汚染事故発生時には流出油… 続きはログインしてください。

残り:377文字/全文:572文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む