新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年11月07日デイリー版1面

インタビュー 持続的に港湾開発】HAROPAパリ港ターミナル事業推進部門執行役員・アラン・オージャンソン氏、未来のソリューション提供

 欧州最大規模の貨物取扱量を誇るフランス北部複合港「HAROPA」(アロパ)。ルアーブル港からパリ港をつなぐ複合港の終点パリ港は、水路と鉄道網を駆使し、経済的・持続可能な開発を続けている。パリ港を支えるターミナルの河川輸送では、バージ輸送だけで1週間に20回以上の寄港、年間で約300万トンの物流の往来があり、昨年のコンテナ貨物取扱量は60万本を記録した。陸上の走行距離を効果的に削減し、環境保護に配… 続きはログインしてください。

残り:1287文字/全文:1485文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む