新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年11月07日デイリー版3面

航空大手国際貨物、ANA・JAL上期減収。NCAは経常赤字。米中摩擦響く

 航空大手3社(ANAホールディングス〈ANAHD〉、日本航空(JAL)、日本貨物航空〈NCA〉)の2019年4-9月期の国際貨物事業の売上高は、ANAが前年同期に比べ2割減、JALが1割弱のマイナスとそれぞれ減収となった。米中貿易摩擦などの影響で貨物需要が落ち込んだことが響いた。NCAは自社運航機材が全機復帰したことや、前年同期に貨物量が減少したことによる反動増もあり増収となったが、市況低迷で貨… 続きはログインしてください。

残り:964文字/全文:1160文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む