印刷 2019年11月05日デイリー版2面

4-9月期】JMU、経常赤字63億円。円高進行が響く

 ジャパンマリンユナイテッド(JMU)が1日発表した2019年4-9月期連結決算は、経常損益が63億円の赤字となった。前年同期は82億円の黒字。コストダウンなどによる収益改善に努めたものの、為替の円高進行などが響いた。売上高は前年同期比4%減の1247億円となった。営業損益は35億円の赤字(前年同期102億円の黒字)、純損益が65億円の赤字(同62億円の黒字)だった。期間中の受注高など… 続きはログインしてください。

残り:181文字/全文:355文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む